熱中症

暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
朝夕は少し涼しくなって来ましたが、日中はうだるような暑さが続いております。

当院にも熱中症が疑われ、点滴加療が必要な患者さんが来られています。
炎天下にいる時や暑い部屋にいる時などに嘔気や頭痛がある場合は、
熱中症を疑った方が良いかもしれません。
熱中症が疑われた場合は涼しい場所に移動し体を冷やし、水分摂取に努めましょう。
それでも症状の改善がない場合は、直ちに医療機関を受診することをお勧めしています。

また熱中症や脱水症予防のために、スポーツドリンクなどを多く飲まれている方々がいます。
糖尿病などがある場合は血糖値を上昇させ、さらに脱水を助長させることがあります。
健康診断などで糖尿病(血糖値の上昇)などの指摘があった方は、留意が必要と思われます。
水やお茶での水分摂取に努めましょう。

林田 英一